自然言語処理とチャットボット: AIによる文章生成と会話エンジン開発

本コースは、自然言語処理を学び、チャットボットの開発につなげる講座です。

可能な限りシンプルに、自然言語処理の本質を解説します。

RNNやLSTMを学び、テキストや対話文の生成ができるようになりましょう。

https://www.udemy.com/ai-nlp-bot/?couponCode=NLPBOT-WEB

本コースに必要なPythonと数学を習得した上で、単語をベクトル化するword2vec、時系列データを扱うRNNなどを学んでいきます。

これらの技術をベースに、夏目漱石や宮沢賢治、江戸川乱歩の文体を模倣した、テキストの自動生成を行います。

また、Seq2Seqによる対話文の自動生成技術を学び、チャットボット開発につながる対話文の自動生成を行います。

そして、AIに宮沢賢治の文体を学習させて、賢治botを作ります。

ヒトと機械のコミュニケーションについて、可能性を探ってみましょう。

自然言語とは日本語や英語などの我々が普段使う言語のことですが、自然言語処理(Natural Language Processing、NLP)は自然言語をコンピュータで処理する技術のことです。

自然言語処理は検索エンジン、機械翻訳、スパムフィルタ、音声アシスタント、小説の執筆や対話システムなど、様々な分野で活躍しつつあります。

そして、これをベースにしたチャットボットは多くの可能性を秘めており、今後の世界で重要な役割を果たしていくことは間違いないでしょう。

————————————————————

本コースの主な内容は以下の通りです。

開発環境の構築、Pythonや数学の解説動画は、他のコースのものと重複する場合があります。

自然言語処理の準備
→ 環境の用意や前処理など、自然言語処理に必要な準備を行います。

word2vec
→ 単語や文章をベクトル化する技術について学びます。

リカレントニューラルネットワーク(RNN)
→ RNNについて基礎を学び、自然言語処理につなげます。

LSTM
→ RNNの発展形であるLSTMについて学び、自然言語処理につなげます。

文章の自動生成
→ Seq2Seqにより、対話文を自動生成する方法について学びます。

チャットボットの開発
→ 自然言語処理の技術を、チャットボットの開発につなげる方法を学びます。

————————————————————

本コースでは可能な限り簡単に環境を構築できるように工夫していますが、お手元の環境によってはご自身で調べながの環境構築が必要です。

動画を見るのみでも学習が進められるようになっていますが、可能であればPythonのコードを動かしながら進めるのが望ましいです。

コードがダウンロード可能なので、これをベースにオリジナルの自然言語処理のコードを書いてみることもお勧めです。

修了した方は、学習意欲が刺激されて自然言語処理のことをさらに知りたくなっているかと思います。

以下はこのコースの割引クーポンです。
https://www.udemy.com/ai-nlp-bot/?couponCode=NLPBOT-WEB