昨日の割引クーポンに関するお詫び

昨日、オンライン動画サービスUdemyの受講生の皆様に複数のコースの割引クーポンを配布したのですが、割引クーポンに不備がありました。
リンク先は期限切れ、もしくは無料になっていたかと思います。
これは、ミスにより異なる割引クーポンを使ってしまったためです。
受講生の皆様を混乱させてしまい、大変申し訳ございませんでした。
無料でコースを購入された方は、そのままコースを使っていただいて構いません。

クーポンが間違っていたのは以下のコースになります。
・AIパーフェクトマスター講座 -Google Colaboratoryで隅々まで学ぶ実用的な人工知能/機械学習-
・自然言語処理とチャットボット: AIによる文章生成と会話エンジン開発
・AIのための数学講座:少しづつ丁寧に学ぶ人工知能向けの線形代数/確率・統計/微分

これらのコースの割引クーポンを改めて以下に掲載します。
21日の17:00まで有効ですので、コースに興味のある方はぜひご利用ください。

AIパーフェクトマスター講座:
https://www.udemy.com/course/ai-master/?couponCode=4AB89B182AB607FCEFAA

自然言語処理とチャットボット:
https://www.udemy.com/course/ai-nlp-bot/?couponCode=CE29590141CC8208D830

AIのための数学講座:
https://www.udemy.com/course/math-for-ai/?couponCode=14450B112CEE40F53939

今後はこのようなミスが起きないように、対策を進めたいと思います。
また、今後のコース制作に対するご意見や、コースのリクエストなどがありましたらぜひお聞かせください。
これからもAIに関する教育、研究活動を発展させていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

SAI-Lab代表 我妻

Udemyで「脳科学と人工知能: シンギュラリティ前夜における、人間と機械の接点」を公開しました

本コースは、脳科学と人工知能をボーダーレスに学ぶ講座です。
脳科学と人工知能の接点を学び、「知能」に対する、本質的な理解を進めましょう。

https://www.udemy.com/brain-ai/?couponCode=BRAIN-WEB

本コースは、脳と人工知能、それぞれの概要から始まります。
そして、脳の各部位と機能を解説した上で、人工知能の様々なアルゴリズムとの接点を解説します。
これにより、脳と人工知能の、類似点と相違点が明白になります。
そして、最終的には、「意識」の謎の探求に至ります。

シンギュラリティは、指数関数的に高度化する技術や人工知能が未来にヒトを凌駕するという概念ですが、本コースによりシンギュラリティへの洞察力が深まります。
“ヒトと機械は、どのように共存するのか?”
などの、テクノロジーの未来に対する一人一人の哲学を育むことができます。
脳科学と人工知能の接点を学び、新しい時代に適応するための新たな教養を身につけていただくことが本コースの目的です。

————————————————————
本コースの主な内容は以下の通りです。

1. 脳科学と人工知能の概要
→ コースの導入です。脳科学と人工知能、それぞれについて概要と歴史を学びます。

2. 脳の構造
→ 脳の各部位、および脳を構成する細胞や脳の進化の歴史を学びます。

3. 脳における演算と記憶
→ 脳の演算と記憶に関わる部位と、それらの仕組みについて学びます。シナプスの可塑性や神経伝達物質などについてはここで学びます。

4. 脳と人工知能
→ ニューラルネットワークや強化学習など、様々な人工知能のアルゴリズム、および脳と人工知能の接点について学びます。

5. 「意識」を扱う
→ 「意識」の謎を探求し、意識を人工的に再現できる可能性について考察します。

6. 最後に
→ ここまでの内容をまとめた上で、脳科学と人工知能の未来について少しだけお話しします。
————————————————————

本コースはプログラミングの実習はありませんのでご注意ください。内容はスライドを使った解説とセクションごとのテストにになります。
また、数式も扱いません。
人工知能もしくは脳科学に興味さえあれば、どなたでも気軽に受講することができます。

修了した方は、脳と人工知能の接点にとてつもなく大きな可能性を感じるようになるのではないでしょうか。

https://www.udemy.com/brain-ai/?couponCode=BRAIN-WEB

iOSDC2019に登壇します

日本最大のiOSカンファレンス、iOSDC2019に弊社代表取締役の我妻が登壇します。

タイトルは、「iOSアプリに「意識」は宿るのか?ディープラーニングの先にある人工知能(AI) 」です。

https://fortee.jp/iosdc-japan-2019/proposal/820ac4b7-ebd1-44f9-b351-b223066a3838

この発表ではアプリが「意識」を備えるためには何が必要なのか、様々な可能性を示していきます。従来の「ツール」として有用なディープラーニングを離れて、生き物のような自律性を持つ「パートナー」としての人工知能の可能性を探求します。

「Pythonで動かして学ぶ!あたらしい数学の教科書」を出版します

弊社のUdemy講座「AIのための数学講座」が書籍になりました。

翔泳社様からの出版です。

「Pythonで動かして学ぶ!あたらしい数学の教科書」というタイトルの、人工知能向け数学の本になりますす。

Pythonでコードを書きながら学ぶ、新しいスタイルの数学の本です。

発売日は、2019年9月17日になります。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798161179/honnoinfo-22/

Udemyで「自然言語処理とチャットボット: AIによる文章生成と会話エンジン開発」を公開しました

本コースは、自然言語処理を学び、チャットボットの開発につなげる講座です。

可能な限りシンプルに、自然言語処理の本質を解説します。

RNNやLSTMを学び、テキストや対話文の生成ができるようになりましょう。

https://www.udemy.com/ai-nlp-bot/?couponCode=NLPBOT-WEB

本コースに必要なPythonと数学を習得した上で、単語をベクトル化するword2vec、時系列データを扱うRNNなどを学んでいきます。

そして、夏目漱石や宮沢賢治、江戸川乱歩の文体を模倣した、テキストの自動生成を行います。

また、Seq2Seqによる対話文の自動生成技術を学び、チャットボット開発につながる対話文の自動生成を行います。

自然言語とは日本語や英語などの我々が普段使う言語のことですが、自然言語処理(Natural Language Processing、NLP)は自然言語をコンピュータで処理する技術のことです。

自然言語処理は検索エンジン、機械翻訳、スパムフィルタ、音声アシスタント、小説の執筆や対話システムなど、様々な分野で活躍しつつあります。

————————————————————

本コースの主な内容は以下の通りです。

開発環境の構築、Pythonや数学の解説動画は、一部他のコースのものと重複しています。

自然言語処理の準備

→ 環境の用意や前処理など、自然言語処理に必要な準備を行います。

word2vec

→ 単語や文章をベクトル化する技術について学びます。

リカレントニューラルネットワーク(RNN)

→ RNNについて基礎を学び、自然言語処理につなげます。

LSTM

→ RNNの発展形であるLSTMについて学び、自然言語処理につなげます。

文章の自動生成

→ Seq2Seqにより、対話文を自動生成する方法について学びます。

チャットボットの開発

→ 自然言語処理の技術を、チャットボットの開発につなげる方法を学びます

————————————————————

本コースでは可能な限り簡単に環境を構築できるように工夫していますが、お手元の環境によってはご自身で調べながの環境構築が必要です。

動画を見るのみでも学習が進められるようになっていますが、可能であればPythonのコードを動かしながら進めるのが望ましいです。

コードがダウンロード可能なので、これをベースにオリジナルの自然言語処理のコードを書いてみることもお勧めです。

修了した方は、学習意欲が刺激されて自然言語処理のことをさらに知りたくなっているかと思います。

https://www.udemy.com/ai-nlp-bot/?couponCode=NLPBOT-WEB

「はじめてのディープラーニング」第四刷の増刷が決まりました

弊社代表の著書「はじめてのディープラーンング -Pythonで学ぶニューラルネットワークとバックプロパゲーション-」、第四刷の増刷が決まりました。

https://sai-lab.co.jp/firstdeep/

今年の8/28が第一刷の出版ですので、半年で3回の増刷があったことになります。

これで、刷数は1万部を超えることになります。

Amazonの3つのカテゴリで1位になり、最高順位は本総合で389位です。

応援していただいたき、有難うございます。